Macで消せないアイコンやファイルフォルダーを消去する

このエントリーをはてなブックマークに追加


システム環境設定の消せないアイコンの削除

強制削除のちょっと荒技で、消す事が出来なくて困ったアイコン、ファイル、フォルダー等を消す方法をご紹介。

この方法なら、頑固な奴らを消せないで困っていたのに、あっさりと削除できます。










1. システム環境設定の残ったアイコンを削除

アプリの場合では、アプリ指定のアンインストーラーを使用しなかった為に、システム環境設定にアイコンだけ残ってしまったなんて事があると思います。

対象はOS付属ではない、その他のアイコンのみです。

Ctrl+クリック
システム環境設定のウィンドウを開いたら、削除したいアイコンをCtrl(コントロール)を押しながらクリックすると削除メニューが表示されます。(または、右クリック)

2. 完全削除 

ゴミ箱のファイルやフォルダーの消去

⌥ (オプションキー)を押しながら、ゴミ箱を削除を実行。

ロックされているや使用中と表示されて消去できない場合、表示されるアラートを無視して削除するには



⌘+⌥+⇧(コマンド+オプション+シフト+Delete)の同時押しのショートカットで削除。

3. 確実にゴミ箱をからにする


更に開いているファイル等も消せてしまう
確実にゴミ箱を空にする方法でも可能

⌘(コマンド)+ゴミ箱を空にする