Mac Book Proの電源が切れない場合の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

終了しようとしたら、シャットダウン(電源が落ちない)しない場合の対処法。

いざ終了しようとしたら電源が切れないなんて、こんな時は焦りますが、慌てずに以下の操作を試してみてください。



一度スリープさせてみる

メニュー>スリープ
操作が可能であれば一度スリープをさせてみる


再起動を試してみる

command + control + 電源ボタン


強制終了

電源ボタンを長押し
数秒ではなく数十秒押すつもりで長く押す


内蔵バッテリーを一度外す

上記の何れかでシャットダウンできるはずですが、それでも電源が切れなければ、一度バッテリーを外すことでシャットダウンする荒技も可能です。

この場合Core 2 Duoモデルでは、バックアップ電池(PRAM電池)が搭載されているモデルもあるので、再び電源を入れるとSMCのリセットが行えずに、トラブルが再発したり、トラブル発生時点が復帰されてしまったりします。

その場合はバックアップ電池も一度取り外す必要が有ります。


復帰後の対応

先ずはSMCのリセット

コンピュータを終了し、電源コードを抜き、15 秒間待ち電源コードを接続。
5 秒間待ってから、電源ボタンを押してコンピュータを起動。

一部のモデルではshift + control + optionキーを押しながら電源ボタンを5秒押し、全てをのキーやボタンを同時に解放。その後通常通りに起動することでSMCがリセットされます。

NVRAMクリア

Mac を終了し、コンピュータの電源を入れ、直にcommand + option + P + Rキーを同時に押し続けて、グレイの画面を表示しコンピュータが自動で再起動し、2 度目の起動音が聞こえるまで、キーを押したままにし、キーを放します。


アスセス権の検証と修復でディスクのメンテナンス

アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティで検証と修復を行います。









メンテナンンスはOneXを使用しても行えます。
OneXに関しては過去の記事⇒こちらを参照ください。



リカバリーモード

必要であれば⌘+Rキーを押しながら電源を入れ、リカバリーモードでMacを起動させ、Mac OS X ユーティリティを表示させて必要な修復作業を行います。
※リカバリーにはWi-Fiに接続しているなどのネット環境が必要です。