スクリーンショット(画面キャプチャー)の撮り方

このエントリーをはてなブックマークに追加


Macの画面をキャプチャーする

スクリーンショット


Macの画面をそのまま撮影(画像に)する機能で、撮影(キャプチャー)するとPNG画像として、デスクトップに自動で保存されます。

【 PNGとは 】
Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットで英語で/pɪŋ/と発音されることから[1]、「ピング」や「ピン」と多く読まれる。





デフォルトで搭載されているスクリーンショットは3種類
  1. デスクトップ全体
  2. 選択範囲
  3. ウインドウ単位




1. デスクトップ全体のキャプチャー


⌘+ ⇧(コマンド+Shift)を押したままで3キーを押すと、画面全体そのままの状況がスクリーンショットとしてキャプチャーできます。









2. 自由な範囲をキャプチャー


⌘+ ⇧(コマンド+Shift)を押したままで4キーを押すと、Mac OS Xのカーソルが十字カーソルに変わり、範囲を自由に決めてスクリーンショットを撮ることができます。画像はデスクトップ左上をキャプチャーした画像です。






3. 選択したウィンドウ単位で撮影(キャプチャー)

⌘+ ⇧+ 4(コマンド+Shift+4)を押した後、すぐにスペースバーを押すと、十字カーソルが小さなカメラに変わります。

このカメラで、Dock、メニューバー全体や個々のメニュー、デスクトップや開いたウインドウなどを、選択してキャプチャーする事が可能です。

以下の画像はDockを選択してキャプチャーした画像で、PNGの特徴である透明部分が保持されたています。











PNGフォーマットの利点は上の画像の様に透明部分をそのまま保持してくれる所です。
何れのスクリーンショットでもカメラのシャッター音がして、画像がデスクトップに保存されます。